top of page

【独立】軽貨物会社を作る方法

軽貨物運送会社を独立して設立することは、近年、物流重視の社会において大きなビジネスチャンスを持つアイディアです。ただし、成功のためには事前の計画と準備が不可欠です。この記事では、自分で軽貨物運送会社を作るステップを詳しく解説します。






 

ステップ1: ビジネスプランの策定

最初に、どのような軽貨物を主に配送するのか、対象エリアはどこにするのか、どのようなサービスを提供するのかを明確に定義します。また、競合他社との差別化を考えることも重要です。

案件(どのような軽貨物を主に配送するか)については会社の売上、ドライバーの売上に関わる非常に大切に選択となります。

案件種類

宅配・企業配・ルート便・スポット便・チャーター便

報酬面

​①個建=1個〇〇円で計算されるもの

②車建=1台〇〇円/日で計算されるもの

③距離=〇〇円/kmで計算されるもの


 

ステップ2: 資金調達

運送会社を設立するためには、車両の購入やドライバーの雇用、オフィスのレンタルなど、初期投資が必要となります。銀行の融資や投資家からの資金調達を検討することができます。下記がおおよその目安費用となります。


個人事業主

​合同会社

株式会社

車両

0円

1台30万円前後

1台30万円前後

求人費

0円

何名採用かで異なる

何名採用かで異なる

オフィス

0円

1万円〜

1万円〜

雑費

0円

1〜5万円

1〜5万円

ホームページ

0円

5~20万円

5~20万円

​登記手数料

0円

約10万円

約20万円


 

ステップ3: 車両の準備

軽貨物を効率的に配送するための車両を準備します。最新の技術を取り入れた車や、燃費が良い車を選ぶと、長期的に経費を抑えることができます。

軽バンを会社で購入される場合は下記料金が購入目安となります


新車価格:50〜80万円

中古価格:20〜40万円

リース :月2.5〜4万円

 

ステップ4: ドライバーの採用

ドライバーを採用することは、運送会社の成功の鍵となります。

経験豊富なドライバーや、運転技術が高いドライバーを選ぶことが望ましいです。


1名採用コスト:平均5〜10万円※首都圏参照、地域によって変動

 

ステップ5: 協力会社との提携

他の物流関連の会社や、同業者との提携を考えることで、新しい依頼を受ける機会が増えます。また、緊急時のサポートや情報共有のために、協力会社とのネットワーキングを強化することも重要です。

 

ステップ6: 営業活動の開始

市場調査を基に、ターゲットとする顧客層に対しての営業活動を開始します。初期の段階での信頼関係の構築が、長期的なビジネスの基盤となります。


この記事ではステップ毎にご説明しておりますが、

ステップ3(車両準備).4(ドライバー採用).6(営業活動)は同時進行が好ましいです。

車両

​ドライバー

​現場

評価

ベスト

状態:車両がないから稼働できない

状態:ドライバーがいないから稼働できない

状態:現場がないから稼働できない

状態:車両はあるけどドライバーも現場もない

状態:人はいるけど車両も現場もない

状態:現場はあるけど車両もドライバーもいない


 

ステップ7: 運営の改善と拡大

運営が軌道に乗ったら、サービスの改善や拡大を考えます。

新しいエリアへの展開や、新しい軽貨物サービスの導入など、ビジネスの成長のための戦略を練り直すことが必要です。

総じて、軽貨物運送会社を独立して設立するためには、十分な計画と努力が必要です。

しかしそれらの努力が実を結び、成功した時の達成感は計り知れません。

市場のニーズをしっかりと捉え、信頼できるドライバーや協力会社との連携を強化することで、独自の軽貨物運送ビジネスを築き上げることができるでしょう。


 

CULOYは独立支援を行っています


FC協力会社に加盟すると下記の特典があります

ご自身の人脈や営業方法にもよりますが一人で立ち上げるには負担がありそうですね、

グループ会社に所属した法人登記も検討してみましょう。

​自分

他社

CULOY

料金

0円

10万円〜

固定10万円

案件紹介

×

​○

​○

採用支援

×

×

​○

ホームページ

×

×

​○

車両手配

​△

×

​○

その他相談事

×

​△

​○




最新記事

すべて表示

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page